くすみを美顔器でケア

くすみができてしまったという時には、皆さんケアをしたいと思うのではないでしょうか。そして、多くの方がまずはマッサージであったり、蒸しタオルでのケアを試みると思います。

 

くすみは血行の滞りによって引き起こされるので、こういったケアももちろん有効ですし、やってみて損はないと言えるでしょう。ですが、これだけではどうしてもなかなかケアができないという声もあります。そうなった時に、おすすめの方法を紹介したいと思います。

 

その方法とは美顔器を使うということです。最近の美顔器はくすみの効果があるものもたくさんありますから、そういったものを選んで使えばくすみにも効果があると言えるのではないでしょうか。

 

美顔器でくすみも消えるというのは意外かもしれませんが、やってみてこれも損のない方法になりますから、是非ともこれらのことは参考にしてみてはいかがでしょうか。美顔器は安いものではありませんから、きちんと口コミなどをみて選ぶようにしましょう。

 

アサイーで内側からシミ対策

日焼け止めで紫外線対策をするのは大切ですが、外側だけでなく内側からのしみ対策も必要です。

 

酸素からエネルギーを作るときに活性酸素が発生します。活性酸素は細胞をさびつかせてシミを作ります。ストレス、不規則な生活、偏った食事なども活性酸素を増やしてシミを作ります。

 

活性酸素の害を防いでくれるのが抗酸化成分です。シミを防ぐために、抗酸化力が高いアサイーを毎日摂っています。

 

朝食はアサイーボウルを食べることが多いです。ミューズリーが好きで前から食べていたので、そこにアサイーを足すことにしました。アサイーボウルはグラノラで作ることが多いようですが、ミューズリーでもおいしいです。バナナやイチゴなどの果物を加えて抗酸化力をアップさせることもあります。

 

アサイーボウルを食べられないときは、アサイーのジュースを飲んでいます。スーパーに売られています。ジュースはおやつに飲むこともあります。こまめに摂っておけば抗酸化力が続いてシミ対策にいい気がします。

 

美白に有効な食材を取り入れる

年齢とともに細かいシミや、肌のくすみで悩むことが多くなりました。

 

何か良い対策や予防法はないか色々探して、美容液やパックなども試してみましたが、やはり根本から美白に働きかけた方が良いだろうと考えました。

 

そこで私が美白のためにしていることは、一日の食事を美白に特化した内容にすることです。

 

美白には有効な成分があると言われているのですが、それを一日で食事を通して摂取してしまおう、という方法です。

 

まず、

朝食にトマトジュースにレモン汁を加えて飲みます。

 

昼食は、ブロッコリー等の温サラダ、豆腐の味噌汁をプラスします。

 

夕食は、鮭やイクラ、またはエビやカニの入った海鮮を取り入れます。

 

あくまで一例ですので、これらの食材をおさえれば何時どんなメニューにしても構いません。

 

意識してこれらの食材をメニューに組み込むことで

 

Lシステイン、リコピン、アスタキサンチン、ビタミンCと、美白の助けになる成分

 

一通り摂取できるのでお薦めです。